塗装業者のえらび方

数多く存在する塗装業者。適正価格で確かな技術を提供する優良業者が大半ですが、 そのいっぽう、消費生活センターには「見積は安かったのに結果的に高くついた」「施工がずさんだった」などの声が寄せられています。 価格の安さや好意的な謳い文句だけではなく、本当に皆さまの大切な建物を預けられる会社であるのか、 特に以下のような点に注意しながら、塗装業者をお選びになられることをお勧めします。


一級塗装技能士が在籍しているか

塗装業は、認可や資格が無くても開業でき、業者の技術力について見極めるのは、大変困難です。 そこで、国家資格「一級塗装技能士」の有資格者在籍の有無を確認すると良いでしょう。 一級塗装技能士は、7年以上の実務経験を経て、合格率約50%の国家試験に合格することで取得できます。 試験は学科試験と実技試験から成り、合格には幅広い知識や相当の技術が求められます。 実技試験は「塗りの出来栄えの良し悪し」のほか「下処理や養生に問題はないか」「作業動作や態度はどうか」 「適切な塗料や道具を使用しているか」など総合的に判断されるため、塗装業者を選ぶ目安のひとつとなります。


実際に塗装工事を行う業者であるか

一概にはいえませんが、ハウスメーカーや一部工務店では、塗装工事を外注(各地の塗装業者に依頼)しており、 実際の塗装工事は下請け業者が行うことになります。そのため、取次手数料(中間マージン)が発生し、 実際の工事に充当される費用は、かかった費用に比べて遥かに低くなるおそれがあります。 その点、実際に塗装工事を行う職人が在籍する業者へ、直接依頼することで、かかる費用の全てを塗装工事に充てることができます。 よって、塗料や工法の選択肢がより多くなったり、総額を抑えられるなど、多くのメリットを受けることができます。


地域密着型の塗装業者

地域密着型の塗装業者は、一定のエリア内で営業しているため、 迅速な対応やアフターサポートの充実、日常のケアや定期メンテナンスの際も、気軽に頼れる存在となることでしょう。 さらには、営業活動や移動が最小限で済み、余計な経費がかからないことから、費用面も比較的抑えられている場合が多いです。 また、地域のネットワークや口コミなどにより、悪質な業者は淘汰されることが大半で、総合的に安心感を得ることができます。


しっかり現地調査を行う業者であるか

同じ時期・仕様で建築された住宅であっても、建物や塗装の状態が同じように変わっていくとは限りません。 すみやかに皆さまのもとへ駆けつけ、「見て・触れて・確かめて」現地調査・点検をおこなう業者を選びましょう。 また、なかには点検と称し、遠巻きに見るだけで何の説明もない業者も存在します。 「問題点の報告や提案」「わかりやすい言葉で説明があるか」など、その後の対応も伴っていることが肝心です。


各種書類の発行の有無

塗装工事において、見積や契約を書面で交わさず、口頭で契約しトラブルに発展するケースが多くみられます。 「塗料の種類や使用量」「日程や作業内容」「何にいくらかかるのか」明記された詳細な見積書の発行や、 しっかりと契約書を交わす業者を選ぶようにしましょう。また、作業内容を報告書として提出してくれる業者は 「手抜きの無い真面目な作業」に期待できますので、あわせて検討材料にすると良いでしょう。