戸建住宅の塗装工事

戸建住宅にとって、外壁塗装・屋根塗装や防水工事は、より良い暮らしのために定期的に必要とされる修繕工事です。 どんな塗料であっても、年月の流れとともに少しずつ劣化し、本来の性能が失われていきます。 例えば、軽度に見えるひび割れが雨漏りの原因となり、建具や内装を傷つける可能性も考えられるでしょう。

建物に影響が及ぶ前に、専門家による点検や修繕を検討されることをおすすめします。 T-PAINTでは、最新の材料と高い技術力をもって、本来の美しさを取り戻し、新築のような新鮮さを感じて頂ける塗装工事をご提案いたします。 お客様それぞれのご予算やライフスタイルに合わせて、多種多様な塗料・工法を検討し、 皆さまのお悩みやお困りごとにお応えできるよう、徹底的にサポートいたします。


塗装工事を検討する目安

こんな状態の塗膜には要注意です。

特に外壁や屋根の塗り替えの目安は、使用されている塗料の種類によるものの、 新築または前回の塗装工事より、およそ5~10年を目安に検討されると良いでしょう。 また、はっきりと見て分かる劣化がある場合は、すぐにでもご相談頂くことをお薦めします。


目的に応じた塗料を選ぶ

生活の拠点である住まい。特に戸建住宅では生活空間である内装と、 外壁や屋根といった外装部分の両面から塗装について考える必要があります。 劣化がみられ塗り替えを検討される方、リスクを低減するために定期的な塗り替えをされる方、 単純に色を塗り替えてイメージを変えたい方。塗り替えをご検討される理由は多種多様です。


いずれにも共通するのは、「より長く」「より美しい」塗装であることではないでしょうか。 T-PAINTでは、お客様のご希望をもとに「費用・耐用期間・機能性」などの面から、 バランスのとれた様々なご提案をしております。まずはどんなことでもお気軽にご相談くださいませ。