集合住宅の塗装工事

アパート・ハイツ・コーポなど、集合住宅での塗装工事は、共用部の塗装と、各入居者の皆さまによる専有部の塗装に分かれます。 専有部では、リフォーム・リノベーションの一環として、内装塗装をご依頼頂くことが多くなっています。 調色の幅広さから、扉や窓枠、壁や天井、家具など、紙クロスや布クロスでは表現できない内装へと仕上げることもできます。 また、最近では自然派リフォームとして、漆喰塗装を取り入れられる方もおられ、需要は高まりをみせています。

また、共用部では、戸建住宅と同じように外壁塗装・屋根塗装や防水工事など、定期的なメンテナンスが求められます。 技術や素材の進歩によって建物の耐久性は、飛躍して向上しましたが、年月の流れとともに少しずつ劣化し、本来の美観や性能が失われていきます。 T-PAINTでは、単純な塗り替えだけでなく、雨漏りや老朽化を未然に防ぐための、補修・補強を考えた塗装工事をご提案いたします。


塗装工事を検討する目安

こんな状態の塗膜には要注意です。

特に外壁や屋根の塗り替えの目安は、使用されている塗料の種類によるものの、 新築または前回の塗装工事より、およそ5~10年を目安に検討されると良いでしょう。 また、はっきりと見て分かる劣化がある場合は、すぐにでもご相談頂くことをお薦めします。